Paldia Trend Blog Vol.15

最新のトレンド情報をいち早く発信するトレンドブログ!

パルディアスタッフの『これ気になる!』を毎月ご紹介しております♪

パルディア 宮崎    

皆さんこんにちは。
 
企画営業2部所属、宮崎です。
 
今回はこの夏オープンする最新スポット「Theater Zzz」を紹介させていただきます!!

パルディア 宮崎

今回ご紹介させていただく
「Theater Zzz(シアターズィー)」は8月23日(金)東京都墨田区に
オープンする最新宿泊施設でございます。
 
「数寄(すき)と出会い、風景が重なる舞台」をコンセプトに、
お茶・映画・旅の3要素を一つの空間で楽しめる宿泊施設のようです。
 
映画や旅行好きな自分としてはとてもワクワクする宿泊施設ですが、
このブログを書いているときにはまだオープンしていないので、
まずはこの施設の特徴を記載させていただきます。

パルディア 宮崎

①茶屋「CHASURU」
お茶に花やフルーツ、薬膳を自分の体調や気分に合わせて
ブレンドすることができる茶屋です。
 
夜はお茶カクテルなど健康に配慮したオリジナルのお酒メニューを提供し、
地元客と宿泊客が交流できる場を提供します。
宿泊者に限らず、昼間はお茶屋として、
夜はバーとしてどなたでも楽しむことができます。
 
②シアタースペース
足を伸ばしお茶と茶菓子でくつろぎながら
映画を鑑賞することができるという最高の空間です。
 
夜はそのまま空いているスペースにテントを張り宿泊できるなど、
通常の映画館とは一味違う体験が味わえます。
 
③HOSTEL
段々畑のような芝のオープンステージに一枚の布と4つのスツールでテントを張り、
自分のスペースを確保して寝袋で寝る形式になっています。
 
都会の真ん中で気軽にキャンプするような宿泊体験で、
グループや家族で利用することも可能です。

パルディア 宮崎

以上、簡単に特徴をご説明させていただきました。
 
このほかにもシアタースペースでの様々なイベントの定期開催や、
フードアーティスト「ものがたり食堂」との
コラボ朝食サービスメニューを開発予定など、
まだまだコンテンツが盛りだくさんなスポット間違いなしかと思います!
 
Instagramアカウントも開設しているので、
気軽にどのような場所なのかチェックすることもできますので、

是非一度チェックしていただき、
気になった方は足を運んでみてはいかがでしょうか!
 
参考URL
http://theaterzzz.com/

パルディア 西山

みなさん、こんにちは~
続きまして、パルディアの西山からのご紹介です。
 
今回ご紹介するのは、
いまや世界を席巻する韓国のヒップホップボーイズグループ、
BTS(防弾少年団)が7月に公開した公式ファンコミュニティの
「BTS Weverse」をご紹介します!

パルディア 西山

そもそもBTS(防弾少年団)とは?というところから簡単に説明すると、
 
BTSとは韓国のヒップホップボーイズグループで、
ワールドツアーを行えば約160万人を動員し、
YouTubeでMVを発表すると「24時間に最も再生されたMV」としてギネス記録に登録され、
Twitterではメンバー全員が運用するアカウント(@BTS_twt)が
2018年に最も「いいね」されたツイート&最もツイートされたアカウントとなったりと
世界的な人気グループです。
 
そんな彼らが7月にオープンしたのが、
グローバル・ファン・コミュニティ「BTS Weverse」です!
 
このコミュニティはARMYと呼ばれるBTSファンが、
より身近にコミュニケーションをとるためのコミュニティアプリです。
 
主な機能としては、登録しているファンがSNSのように投稿をすることができる
ファン同士のコミュニケーションプラットフォームです。
※イメージとしては「BTS関連専用SNS」のようなもの

パルディア 西山

ただ、唯一他のSNSにはない特別な機能は、
メンバーからのコメントがもらえる可能性があること!
 
ファンだけに向けたメッセージだけでなく、
メンバーからファンへのコメントがあることもあるので、
ファンからすると見逃せないアプリ間違いなしです。
 
また、YouTubeのような動画をまとめた「Media」というエリアや、
「モーメント」というInstagramのストーリーズに似た機能も持ち合わせています。
 
これまでのファンクラブとSNSを組み合わせた、
まさにBTSオウンドSNS/メディアと言っても過言ではありません。
 
さきほども述べたように、
YouTubeやTwitterでの投稿数、いいね数は言うまでもなく、
BTSの活動はSNSを徹底的に活用したマーケティングとしても有名です。
 
SNSが飽和している昨今、
こういったターゲットや話題を絞ったSNSもこれからどんどん出てくるかもしれませんね。
その他のブログ
Others
TOP > Blog > Paldia Trend Blog Vol.15