Paldia Trend Blog Vol.12

最新のトレンド情報をいち早く発信するトレンドブログ!

パルディアスタッフの『これ気になる!』を毎月ご紹介しております♪

 

パルディア 鴨居

今回は、メディアコミュニケーション事業部の鴨居です。
突然ですが、みなさんはお休みの日は何をして過ごしていますか?
友達とご飯を食べに行ったり、家族でお買い物に行ったり、
はたまた一人でカフェでのんびり過ごしたり。
人によって様々ですよね。
 
ですが今秋、そんな様々なあれこれを一気に叶えてしまう施設ができるんです!!
その名も「南町田グランベリーパーク」。
2019年11月、田園都市線南町田駅直結エリアにオープン予定の商業施設です。
今回はそんな、南町田グランベリーパーク内の約230店舗のお店の一部をご紹介していきたいと思います。
 

パルディア 鴨居

まずは一つ目、スヌーピーミュージアム! 
 
2016年4月、東京・六本木にオープンしたスヌーピーミュージアムでしたが、 
2018年9月には惜しまれつつ閉館しました。 
 
ですが、2019年秋、以前の東京・六本木の時と同様、 
スヌーピーファンの聖地と呼ばれるシュルツ美術館世界初の公式サテライトとして、 
規模が2倍となって新たに南町田で生まれ変わることとなりました! 
 
ちなみに現在は、6月16日までは大阪会場、6月22日~9月1日までは名古屋会場で、 
巡回展という形でスヌーピーミュージアム展が開催されています。 
館内には貴重な原画作品やスケッチなどが展示されており、 
さらには充実した品揃えのグッズストアまで! 
あなたもスヌーピーや「ピーナッツ」の魅力がギュッと詰まった空間を 
味わってみてはいかがですか?

パルディア 鴨居

二つ目にご紹介するのは、FUNVILLAGE with NHKキャラクターズです。
セガが手掛けるFUNVILLAGE with NHKキャラクターズは、
NHK Eテレ幼児向け番組の世界観を体験できる、屋内型アミューズメント体験施設となっていて、
天気を気にせず親子で楽しむことができます。「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあっ!」など、
人気番組をモチーフとした空間で、キャラクターに親しみつつ“学び遊べる”空間を提供予定です。
 
また、Eテレの幼児番組施設としては日本最大級の大きさになるそうです。
テレビの中のような空間を体験できると思うと、きっと子供たちも大はしゃぎですね!

 

 

パルディア 鴨居

 その他10スクリーンを備えた映画館「109シネマグランベリーパーク」や、
登山用品やアウトドア用品などを展開するモンベル(mont-bell)など、
バラエティに富んだ施設が出店します。もちろん、飲食店や食物販売店も多く、
その店舗数はパーク施設内の約3割を占めます。
 
普段の休日を楽しく!
すでに楽しい休日をお過ごしの方はより楽しく!!
ぜひ南町田グランベリーパークで充実した時間を過ごしてみてください。

 

 

パルディア 加藤

こんにちは。企画営業一部の加藤です。
今回は、デジタル系のトレンドをご紹介いたします。
 
先日、スマートフォンなどの無線通信機器用高周波部品の市場調査を行う㈲ナビアンは、
5G対応製品や高周波部品・モジュールの市場規模を2027年まで
予測した調査レポート「RF Devices / Modules For Cellular for 5G & 5G/NB-IOT」を発刊しました。
 
その中では、5G対応製品の出荷規模は19億8000万台と予測されています。
もちろん、IoT分野での革新が期待されるわけですが、我々の予測しやすい部分でいうと、
スマートフォンでの革新はほぼ確実といってよいでしょう。
実際、先述の19億8000万台の予測のうち12億台はスマートフォンが占めています。

パルディア 加藤

5月17日にLINE社が新機能「ストーリー」をタイムラインにて提供を開始しました。
皆さん、ストーリーときくと、Instagramを思い浮かべる方が多いかと思いますが
ついに、LINEでも動画をshareすることができるようになったんですね。
迫りくる5G時代では、コミュニケーションは動画が主流になると言われています。
 
現在ではまだまだ通信料の容量を使ってしまい、なかなかストレスフリーとは言い難い
動画でのコミュニケーションですが、そんな中でも、Softbank社が
昨年8月YouTubeをはじめとする各種動画サービスが
見放題の「ウルトラギガモンスター+」というプランを発表するなど、
動画は いわゆるユーチューバーやドラマなど何か決まったコンテンツを見る
一方通行のツールとしては、着々と発展してきました。
 
たしかに、まだまだ友人間でのコミュニケーションに動画が登場することは稀でしょう。
しかし、冒頭でのべた5G時代の到来も近づくこともあり、
これからは、徐々にこうした動画のコミュニケーションツールが増えてくるのではないでしょうか。

パルディア 加藤

実際に今でも多くの動画コミュニケーションのツールがリリースされています。
 
有名なところでは、TikTok やMixChannelなど。
これらは、YouTubeやニコニコ動画などと比べると
やはりコミュニケーションツールとしての側面が大きくなってきているように感じます。
 
一人対数人、から一人対一人へ。
たまには、まだ来ぬ未来に想いを馳せてみるのもわくわくしますね。
その他のブログ
Others
TOP > Blog > Paldia Trend Blog Vol.12