Paldia Collaboration Blog Vol.19

企業間コラボの最新情報をご紹介するコラボレーションブログ。

企業×企業のホットなイノベーションをお届けしております。

 
今回のコラボブログでは2017年7月14日(金)~8月31日(木)の期間で実施されました株式会社バンダイの「機動戦士ガンダム」と「CoCo壱番屋」がコラボしたキャンペーンについてご紹介いたします。
 

 
 


 
 

コラボ企業

 

コラボ実施企業① 株式会社バンダイ
コラボ実施企業② 株式会社壱番屋

 
 


 
 

企画概要

 
株式会社バンダイより食玩やプラモデルなど展開されており、現在までに様々なシリーズが登場しているロボットアニメの「機動戦士 ガンダム」が2017年7月18日(土)に東京 六本木にある森アーツセンターギャラリーにて開催されていた「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」を記念して、「ココイチ」の愛称で呼ばれている「カレーハウスCoCo壱番屋」とのコラボレーションにより本キャンペーンが実施されていました。
そのキャンペーンの内容は対象期間中に「カレーハウスCoCo壱番屋」での注文合計金額900円以上(税込み)のレシートを専用応募ハガキに貼付、もしくはスマートフォンで撮影しキャンペーンサイトで応募をすると抽選でオリジナルグッズが当選するというキャンペーンです。景品は「カレーハウスCoCo壱番屋」のスプーンを模したパーツが付属されているオリジナルのプラモデル(ガンプラ)やキャンペーン用の原画をプリントしたカレープレート、作中に登場する機体(MS)などがデザインされたスプーンといったカレー店とのコラボレーションを思わせるようなオリジナルグッズと「カレーハウスCoCo壱番屋」の1000円分食事券が合計2600名に当選するといったものでした。このキャンペーンはレシートを送付して応募する以外にも、1会計で注文金額を900円(税込み)ごとにその場でくじを引くことができ、オリジナルコースターや次回来店時に使用することができるドリンク1杯無料券がもらえるというキャンペーンも同時展開をしていました。
 
 


 
 

コラボメリット

 
【株式会社バンダイのメリット】
 
もともとは「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」の開催を記念したキャンペーンであり、「CoCo壱番屋」の来店客層は毎年のように男性が75%以上で当時のアニメを視聴していた方が利用している可能性があります。全国展開されているカレーショップチェーン店である「CoCo壱番屋」とコラボレーションをしたキャンペーンを行うことで「機動戦士ガンダム展」の広告効果を間接的に担っているのではないかと思われます。
 
【株式会社壱番屋のメリット】
 
「CoCo壱番屋」ではキャンペーンに参加のために注文金額を超える顧客の増加が見込めることができ、売り上げに貢献をするのではないかと思われる。同時展開されていた1会計につき注文金額を900円(税込み)ごとに引くことのできるくじがわかりやすく、グランドメニューでは単品で900円を超える商品は2品しかない(2018年11月現在)。1会計で900円以上の注文をするためには追加トッピングや複数人で来店をするなど新しい客層の獲得に貢献しているのではないでしょうか?
 
 


 
 

コラボ効果

 
このコラボレーションを行うことで株式会社バンダイが展開している「機動戦士 ガンダム」というコンテンツがいかに強いかということを再認識することができ、「CoCo壱番屋」ではその強さを活かした既存の客層の強化をすることができます。また、このキャンペーンよりおよそ半年後の2018年4月17日(火)~5月31日(木)に映画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」の公開を記念して同様の形式でキャンペーンをもう一度行っていることから、このコラボレーションの効果強さがわかります。
 
 


 
 

コラボ成功ポイント

 
半年に2回同じ形式でキャンペーンを行うということはこのコラボレーション好評であった、成功しているものとは思えないでしょうか。成功のポイントは様々あると思いますが、特に以下の3点が強かったのではないかと思ったため紹介をさせていただきます。一つはターゲット層の一致。前述したとおり「CoCo壱番屋」の客層は8割近くが男性です。加えて「CoCo壱番屋」の時間帯別客数構成比は12時台が最も高く、当時「機動戦士ガンダム」を視聴していた男性がランチに利用している可能性があります。どの世代がメインターゲットなのかが一致しているためこのコラボレーションは人気が出たといえるのではないでしょうか。二つ目はこのキャンペーンでしか入手することができないオリジナルグッズの存在。抽選で入手できるオリジナルグッズはガンダムがスプーンを模した装備をしているなど、コラボレーションを直接的に表すようなデザインであるため、特にガンダムが好きな方からすればどうしても手に入れたいようなデザインと思えます。三つ目はキャンペーンの同時展開。注文金額が合計900円以上(税込)のレシートを送付したプレゼント応募のほかに1会計につき注文金額が900円(税込)以上で引くことができるくじの2つのキャンペーンを実施していたため、1会計で900円以上を注文する顧客もいれば、何度か通い合計900以上の注文をすることでプレゼント抽選を目指す顧客もいたと考えられます。どちらにしても「CoCo壱番屋」からすれば売り上げを増やすチャンスや新たなリピーターを獲得する絶好の機会を得ることができ、「機動戦士 ガンダム」を展開するバンダイ側も今もなお人気のコンテンツであることは変わらないというブランドの強さを誇示できたのではないかと思っています。
 
 


 
 

まとめ

 
私も小学生くらいの頃に買ってプラモデルを作っていた思い出もあり、このキャンペーンを初めて知った時に「当時の自分だったら、何通か応募していただろうな」と感じたコラボレーションでした。今回紹介したキャンペーンには参加することはかないませんでしたが、もしもう1回チャンスがあるなら当時を懐かしんで参加してみる良いキャンペーンではないかと思いました。
 
 


 
 

私が記事を書きました

 

株式会社パルディア 企画営業二部
蓮見 直弥

企画営業二部の蓮見です。休日は専らボルダリングをするために都内近郊のジムに行ったりしています。そろそろ外の岩へとデビューを使用ともこっそり計画を立てていたりもしていますが、なかなか機会がないこの頃です。

その他のブログ
Others
TOP > Blog > Paldia Collaboration Blog Vol.19