Paldia Collaboration Blog Vol.15

企業間コラボの最新情報をご紹介するコラボレーションブログ。

企業×企業のホットなイノベーションをお届けしております。

 
人気声優たちが多数パーソナリティを務める、文化放送のインターネットラジオステーション「超!A&G+」と「静岡銀行インターネット支店」が異色のコラボをご紹介します。共通点といえば、どちらもインターネットを媒体としているくらいのものです。いったいどのような内容のコラボだったのでしょうか。
 

 

 


 
 

コラボ企業

 

コラボ実施企業① 株式会社静岡銀行
コラボ実施企業② 株式会社文化放送

 
 


 
 

企画概要

 
期間中に静岡銀行インターネット支店にて総合口座「しずぎんWebWallet」を開設すると、本キャンペーンに参加している文化放送「超!A&G+」で放送中の6番組の各番組オリジナルデザインの「キャッシュカード」と、オリジナルラジオ音源が収録された「特典CD」がプレゼントされるという企画です。また、この企画に参加した番組は以下6番組です。今をときめく人気若手声優さんがパーソナリティを務めているものが多いことが特徴的です。
 
①番組名:内田さんと浅倉さん、
パーソナリティ:内田彩、浅倉杏美
放送日時:文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」毎週金曜日 21時30分~22時00分
 
②番組名:西明日香のデリケートゾーン!
パーソナリティ:西明日香
放送日時:文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」毎週月曜日 25時00分~25時30分
 
③番組名:春佳・彩花のSSちゃんねる
パーソナリティ:照井春佳、諏訪彩花
放送日時:文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」毎週火曜日 25時30分~26時00分
 
④番組名: BELOVED MEMORIES
パーソナリティ:田丸篤志、内田雄馬
放送日時:文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」毎週金曜日 26時00分~26時30分
 
⑤番組名:井上麻里奈・下田麻美のIT革命!
パーソナリティ:井上麻里奈、下田麻美
放送日時:文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」毎週月曜日 21時00分~21時30分
 
⑥番組名:洲崎西
パーソナリティ:洲崎綾、西明日香
放送日時:文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」毎週火曜日 25時00分~25時30分
 
 


 
 

コラボメリット

 
【株式会社静岡銀行のメリット】
 
メインバンクさえ持っていれば、生活において特に目立った不自由はないでしょう。そんな中、たとえお金がかからなかったとしても、二つも三つも口座を開設することはそもそもあまり必要性を感じない方がほとんどなのではないでしょうか。そんな特に若者に口座を開いてもらう「きっかけ」のこのコラボはぴったりだったはずです。
 
【株式会社文化放送のメリット】
 
ラジオ局の収入源は主に広告枠ですが、見込める収益には限りがあります。また、ラジオの聴取率が落ちている昨今、イベント開催やグッズ販売など、広告以外の部分で収益を見込めるのは大きなメリットです。
通常、グッズの販売ということになれば、番組から持ち出しですが、この場合はコラボした企業から費用をもらえるという点でコスト面でのリスクを減らすことができます。
 
 


 
 

コラボ効果

 
静岡銀行は口座数が増えただけでなく、人気の声優にラジオで企業名を紹介してもらうことで若い人たちに対して認知があがったのではないでしょうか。文化放送から見ても、広告枠以外の収益を得ていくモデルが見えてきたり、特典CDの配布によって、リスナーのロイヤリティが上がったりしたはずです。もちろん、口座を開設したラジオリスナーもお金を払わなくても口座を開設するだけで特別な商品が手に入って嬉しい気持ちに。誰も損をしない構造、平たく言えば、3者がwin-winの関係になっているといえます。
 
 


 
 

コラボ成功ポイント

 
さて、3者がwinwinの関係であるこのコラボですが、別の見方をすると静岡銀行にラジオのコンテンツを販売しているようにも捉えることができます。ノベルティにディズニーやポケモンなどキャラクターを使用するというのは、今でもよく使われる手法ですが、より強固なリスナーというファンがいるラジオと組んだその選択が、ある意味では、思い切りよくターゲットを絞ることにつながり、成功のカギになったのではないでしょうか。またこれは、言葉を換えれば、どれほど効率よく、行動を起こしてくださるお客様にアプローチできたかということにもなります。新規顧客の獲得という観点から考えれば、認知UPのための広告媒体は世に溢れています。テレビ広告、新聞広告は依然力をもっておりますし、YouTube広告やInstagram広告を始めとするwebの主な媒体だけでも両手の指には収まらないでしょう。しかし、どれほど広告を打って認知を上げたとしても、最終的にお客様の行動に結びつかなければ意味がないのです。また、同じweb媒体でのコラボであった点も注目したいです。コラボしているのは、インターネット支店です。ラジオを聴いているリスナーは、そのままweb上でしずぎんのwebページに飛ぶことができるのです。これが、その他媒体での告知であれば、仮に特典が欲しいと思った方がいても、わざわざそのためにwebを立ち上げるでしょうか。もちろん、よっぽどその特典に魅力を感じる人であれば、媒体は問わないでしょうが、実際、そこまでする方は限られてくるはずです。よっぽど必要性に迫られていない限り、わざわざ行動を起こす人というのは珍しいです。そういうお客様を少しでも獲得する点でも、手軽さ、同じweb媒体でのコラボは一つ重要なkeyとなったのではないでしょうか。
 
 


 
 

まとめ

 
新規顧客の獲得というのは、どの業種でも、企業は常に抱いている悩みではないかと思います。自社顧客とは、まったく異なる層の顧客を持つ企業とコラボしたことが、このコラボのポイントだったのではないでしょうか。
 
 


 
 

私が記事を書きました

 

株式会社パルディア 企画営業一部
加藤 佑一

音楽が好きで、ポップスからオーケストラまで、普段から幅広いジャンルを聴いています。最近の目標は好きなアーティストのライブチケットに当選することです。運も実力のうち。持前の元気で、必ず当ててやろう思います。

その他のブログ
Others
TOP > Blog > Paldia Collaboration Blog Vol.15