Paldia Collaboration Blog Vol.1

企業間コラボの最新情報をご紹介するコラボレーションブログ。

企業×企業のホットなイノベーションをお届けしております。

 
今回のコラボブログでは2016年に実施された、浦和レッズと埼玉西武ライオンズのコラボレーション企画をご紹介いたします。
同じ埼玉県をホームタウンとするプロスポーツチーム同士のコラボレーションがどのようなメリットを両チームにもたらしたのかを紹介していきます。
 
 


 
 

コラボ企業

 

コラボ実施企業① 浦和レッドダイヤモンズ株式会社
コラボ実施企業② 株式会社西武ライオンズ

 
 


 
 

企画概要

 
浦和レッズと埼玉西武ライオンズの2社がコラボレーションする企画はこのコラボが初めてとなります。
今回のコラボレーション企画の概要は下記の通りです。
 
【企画概要】
 
浦和レッズ・埼玉西武ライオンズ 両チームコラボ企画法人様限定チケット
 
【企画内容】
 
このコラボチケットは通常の1チームのみに対応する試合観戦チケットではなく、浦和レッズと埼玉西武ライオンズの2チーム分の試合を観戦することができるコラボチケットです。社内の福利厚生やお客様へのプレゼント等にご使用いただく場合、『サッカー好き、野球好きの両方の方々に対応できるサービスを提供すべき』という法人の立場に立った企画を両チームで具現化したものです。法人企業の方やその家族、また取引先の方に、またこれをきっかけに今までスタジアムへ足を運んでいなかった方にもスタジアムへお越しいただき、緑の上を躍動する選手、熱いサポーター、試合以外でもお楽しみいただけるグルメやイベントなどを体験しながら、浦和レッズ、埼玉西武ライオンズ共に応援いただきたいという思いから企画されました。
 
【商品内容】
 
[1]浦和レッズホームゲーム21試合対象「シーズンチケット(SS指定席)」2席+「浦和レッズビジネスクラブ会員メリット付」
[2]埼玉西武ライオンズ主催試合対象「内野指定席回数券60枚」+「スタジアムクーポン」
 
※25,000円
※西武プリンスドーム内の飲食・グッズ売店でご利用いただけます(一部店舗を除く)
 
【販売価格】
 
481,950円(税込)
 
【申込方法】
 
浦和レッズ・埼玉西武ライオンズの各オフィシャルウェブサイトより専用申込用紙をダウンロードのうえFAXにてお申込み。
 
 


 
 

コラボメリット

 
【浦和レッドダイヤモンズ株式会社のメリット】
 
基本的にJリーグチームのサポーターは野球とは異なり、大半が自分の住んでいるエリアにあるチームを応援する傾向にあります。その中で浦和レッズは埼玉県の南部にあるさいたま市旧浦和区をホームタウンとしています。今後サポーターやファンを増やす上でホームタウンのエリアを同一県内でどれだけ広げることができるかが大きなカギとなります。埼玉県にはご存知の通り、同じさいたま市をホームタウンとする大宮アルディージャが存在し、浦和・大宮両チームのホームタウンエリア化のせめぎ合いが長年行われています。その中で同じ埼玉県でもエリア的に異なる所沢(西部)をホームタウンとする西武ライオンズのファン層を本企画で取り込むことでホームタウンの新規エリア開拓につなげるメリットがあります。
 
【株式会社西武ライオンズのメリット】
 
前述のJリーグのファン・サポーターの特性とは異なり、野球はホームタウンチームを応援する傾向がそこまで強くありません。その中でJリーグほど地域に根差したチームを作り上げていくことが各プロ野球球団の1つの課題となっておりました。とりわけ西武ライオンズは埼玉県の中心部から交通の便があまりよくない所沢をホームタウンとしているため、より埼玉県とのつながりが希薄でした。その中でホームタウンの埼玉県の色をより濃くすると同時に埼玉県で圧倒的なファン・サポーター数を誇る浦和レッズのファン層を取り込むことで2つの効果を得られる企画となりました。
 
 


 
 

コラボ効果

 
コラボ効果として具体的に観客数の伸びがこの企画から直結した効果かは定かではありませんが、両チーム同士の交流がコラボ企画以降多く生まれるようになりました。特に埼玉県のトップリーグスポーツチームを会員とする「プライドリームス埼玉」の取り組みがより強化されました。年に定期的にファン・サポーターを集めた講演会などを行うことにより、お互いのファンを取り込むきっかけが創出されました。また最近では2018年にクライマックスシリーズ、西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークス戦において浦和レッズ所属の阿部勇樹選手が始球式を行うことで話題喚起にもなっております。このようなイベントやタイアップがコラボ後、多く生まれるようになり、ファンの間でもお互いのチームに対して関心が高まっております。
 
 


 
 

コラボ成功ポイント

 
今回のコラボ企画の成功のポイントは主に2つです。1つめは前述したお互いのチームの現状のファン・サポーター層です。それぞれ、自分の住んでいるエリアにあるチームを応援する傾向にあるJリーグチームとホームタウン要素が希薄な西武ライオンズのお互いの今後のファン・サポーター拡大やホームタウン拡大の利害関係が完全に一致していたのでコラボもスムーズに企画され、世間に受け入れられました。それと同時にお互い同一の埼玉県にあるチームということがコラボ企画として利用しやすい、トライアルしやすいという側面も生み出しました。今までは相容れない形で歩んできたJリーグチームとプロ野球チームですが今後、新規顧客が見込みにくい国内市場において最も手っ取り早く自分のチームのファン・サポーターになりやすい県内同士の商圏でコラボ企画を組めたことが大きな成功の要因となりました。2つめは法人チケットとして法人にターゲットを絞ったことです。個人チケットとして販売した方がより母数の多いマーケットに対して企画を投下できる可能性は高いですが、逆に法人企業限定のチケットとセグメントすることでより今後、中長期にわたってファン・サポーターと成りうる層へアプローチできました。なぜならば企業単位で特に埼玉県に本社を置く企業に使っていただくことで会社としてその地域に貢献することをホームタウンのスポーツチームの試合観戦をすることによって満たすことができるためです。またプライベートで自ら購入に踏み込めないものでも企業単位で発注され活用されることでトライアルの幅を広げることができました。主にこちらの2点がコラボ成功に繋がるポイントとなりました。
 
 


 
 

まとめ

 
今後もよりこの2チームの関わり合いが注目されますが、Jリーグとプロ野球以外にも多くのプロスポーツがあるので種目の垣根を越えたコラボレーションがどんどん生まれていき、より多くの人が多種多様なスポーツを楽しめるきっかけとなることが楽しみです。
 
 


 
 

私が記事を書きました

 

株式会社パルディア メディアコミュニケーション事業部
須賀 雄祐

埼玉県生まれ埼玉県育ち、趣味はサッカー観戦やフットサル、バスケなどです。その中でも埼玉県出身なので物心ついた時から「浦和レッズ」が大好きです!埼玉スタジアムだけでなく、全国のスタジアムを周って応援しています!是非皆様も埼玉スタジアムに一度足を運んでください。ALL COME TOGETHER

その他のブログ
Others
TOP > Blog > Paldia Collaboration Blog Vol.1