プレゼントキャンペーン企画はどう組み立てる?企画立案の手順とポイント解説


 

 

「キャンペーンを企画したいけど、具体的にどう進めるかわからない」というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。キャンペーンで狙った効果をきちんと出すためには、企画段階でいかに課題を整理し、目的に応じたツールや手法の選定できるかが重要になります。
 
この記事では、プレゼントキャンペーンの企画について具体的な応募方法設計や景品の選定方法など事例を交えながらご説明いたします。

 

 

 

1. キャンペーン実施目的の整理 / キャンペーン種別の決定

 

まずは「何のためにキャンペーンを実施するのか?」目的を整理します。目的が明確化することで、どのようなタイプのキャンペーンを実施するか変わってきます。キャンペーンの種別として大きくオープンキャンペーンとクローズドキャンペーンがありますが、認知の拡大や商品理解の促進などであれば購買を伴わないオープンキャンペーン、購入の後押し・リピート購入・来店促進などであれば購入や来店を伴うクローズドキャンペーンを選択することになります。オープンキャンペーンかクローズドキャンペーンかは後々の景品選択の際、景品費用上限の検討などで重要です。
 
また、ここでのポイントは目的をできるだけ具体化し、かつ最も重視するものが何かも整理しておくことです。
例えば「10-30代の若年層にとにかく新商品の存在を知ってもらうために認知を広げたい」が第一目的であれば、購買を伴わないオープンキャンペーン、中でもSNSとしての拡散力の高いTwitterを利用したプロモーションになります。一方、「30代女性をターゲットに商品のアレンジ方法を知ってもらうために認知を取りたい」という目的であれば、ビジュアルでアレンジレシピなどを訴求できるInstagramを利用したキャンペーン設計になります。                        

 

次のステップでキャンペーンのツール・手法も選んでいくことになります。様々なツール・手法の選択肢があるため、狙っている効果を出すのにどれが最適か?判断する基準として目的の整理は非常に重要です。

 

POINT

「何のためにキャンペーンを実施するのか?」できるだけ具体化

 
事例① 大王製紙 #こどもはなんでもさわる 動画募集
 

 

2歳以上の子どもの「なんでそんなものまで触っちゃうの?」というシーンを動画投稿するInstagram動画投稿キャンペーン。対象が限られる上に、指定シーンの動画を撮影して投稿するハードルの高いキャンペーンですが、ここでの目的は「ノンアルコールのウエットティッシュなら、子どもがいる家庭でも安心して使える」というメッセージを伝えることです。また、そのシーン自体をWEBCMで二次利用することでCMを見た人に商品の具体的な利用シーンとベネフィットを訴求する目的もあります。Instagramキャンペーンの場合は、応募数を集めることよりも画像や動画の二次利用を意識した建付けのキャンペーンも多くあります。

 
事例② 十勝のむヨーグルト 腸内フローラで “ちょうだい!フローラ” キャンペーン
 

 

商品購買を伴うクローズドキャンペーン。レシート撮影でその場で当落のわかるレシートインスタントウィン方式のコースをメインに、Wチャンス賞としてハズレレシート累計500円(税抜)以上で自動エントリーのコースも設置。初回トライアルに繋げやすい「その場で当たる&大量当選」のキャンペーンとその後の継続購入も狙っているキャンペーンです。毎週当たるという形を取ることで、週1回リピートしてもらう(その習慣作りのきっかけにする)という意図も感じられます。

 
事例③ ジャンボでGET!冬の陣キャンペーン
 

 

同じキャンペーンを少しずつアレンジし複数の流通で同時実施する同一フォーマットの流通タイアップキャンペーンです。景品もリピート来店の契機となり得る流通商品券としています。冬限定商品であることをアピールする目的も考えられますが、メイン目的は流通対策です。

 

2. 目的に合わせたツール・応募方法選定

 

目的を整理できたら、次はツールと応募方法の選択になります。
ツールや応募方法毎にメリットデメリットなどの特徴があるので、それを踏まえたうえで検討していきます。
 
ツールについてはほんの一例ですが、下記のようなものがあります。特徴も含めて簡単に記載します。
 
【アナログツール】
〇 ハガキ・封書
デジタルに強くない方、特に高齢層をターゲットとしたキャンペーンで採用されることが多い。また応募シールやバーコードを利用したプロモーションなど購買証明の関係で採用されることも。
 
【デジタルツール】
〇 WEB
若年層から高齢層まで幅広くカバーできるツール。既存フォームシステムを活用することで比較的コストを抑えてデジタル対応することも可能。キャンペーン毎にシステム開発を行うパターンもあり、できることの自由度が高いのも特徴。
 
〇 Twitter
20代男女をメイン層として、10~40代で利用されているSNS。リツイートに代表される爆発的な拡散性の高さが特徴。情報が流れるスピードが速く、時事ネタ・大喜利や選挙などの切り口に向いたツール。
 
〇 Instagram
20-30代女性をメイン層とした画像・動画メインのSNS。ビジュアル訴求をメインとした企画向き。拡散性は乏しいが若年層中心に情報検索ツールとして利用されているため、ハッシュタグ検索対策(InstagramSEO)でキャンペーンを行うことも。景品については、現金や金券類などは原則使用禁止。(アカウントに関連した商品の金券などは除く)
 
〇 LINE
20-50代男女をメインに幅広い層に利用されているメッセージツール。毎日利用する層も多く、アクティブ率が高く「捨てアカウント」が少ない。1to1コミュニケーションがメインになるため、レシートを送信するなどのクローズドキャンペーン利用も可能。拡散性はない。
 
〇 TikTok
AIレコメンド型のショート動画プラットフォーム。ビジネス利用が進み、30代男女がメイン層に。拡散性の高さから、顧客接点作りに向いている。キャンペーン利用はまだ始まったばかりで取れる手法は少ない。    

 

応募方法も様々あります。一例を記載します。

 
【オープンキャンペーン】
〇 クイズまたはアンケート回答(ハガキ・WEB・LINEなど)
指定のクイズやアンケートに回答するタイプの応募方法。商品について理解の促進や、アンケートによる調査などに利用可能。サンプリングキャンペーンなどでもアンケートに回答させるパターンは多い。LINEの場合はBOT機能を使うことで謎解き企画などの設計も可能。

 

〇 フォロー&リツイート(Twitter)
Twitterアカウントをフォローの上、指定ツイートをリツイートする応募方法。手軽に応募できる上に、情報の拡散もしやすく応募の伸びに期待できる。拡散性アップと話題化のために、その場で当落のわかるインスタントウィン方式のキャンペーンも人気があり。フォロワー増加施策としても多く採用される。

 

〇 フォロー&いいね:Twitter・Instagram
アカウントをフォローの上、指定ツイートに「いいね」する応募方法。拡散性は薄いものの、特にInstagramでは最も応募ハードルの低い応募方法でフォロワー増加施策として人気がある。

 

〇 フォロー&#投稿:Twitter・Instagram
アカウントをフォローの上、指定ハッシュタグをつけてコメントや画像などを投稿する応募方法。Twitterの場合は商品利用シーンのコメントや、Instagramの場合は画像コンテストなどでも利用される。建付け次第ではクローズドキャンペーンとしても実施可能。

 

〇 スタンプラリー:ハガキ・WEB
いくつかのスポットを回って条件を満たすことで景品申し込みができる応募方法。実際にスタンプを押してハガキで景品申し込みをするパターンもあるものの、最近ではWEB上でスタンプを貯めていくタイプにシフトしている。店舗やエリア回遊などの施策で利用されることが多い。

 

〇 友だち登録:LINE
LINE公式アカウントに友だち追加する応募方法。その場で当落が分かるので、LINEの友だち増加施策として人気。           
 
【クローズドキャンペーン】
〇 レシート応募:ハガキ・WEB・Twitter(DM)・LINE
購買証明にレシートを貼付またはアップロードする応募方法。キャンペーン実施しやすく、クローズドキャンペーンで最も多く採用されている。レシート情報は他人には開示したくない情報のため、Twitterの場合はタイムライン投稿ではなくDMで実施する。近年は特にLINEとハガキ併用タイプが増加している。メーカーと特定の流通が組んで実施するタイアップキャンペーンや、1つのひな形を基にして複数流通向けにアレンジしてキャンペーン同時実施する同一フォーマットキャンペーン、複数商品を買わせるビンゴキャンペーンなど企画のアレンジ幅も広い。

 

〇 バーコード:ハガキ
購買証明にバーコードを貼付する応募方法。どの商品でも実施可能な一方で、購買日の特定ができないため事前に貯めていたバーコードを利用して応募されてしまうこともある。

 

〇 応募マーク・シール:ハガキ・WEB
応募用のマークや、シリアルコード入りのシールによる応募方法。応募マークや通常のシールであればハガキに貼り、シリアルコードの場合は応募用サイトで入力する。バーコード応募で問題であった「購買日の特定」をクリアすることができる一方、工場などで商品へのシール貼り付けやマーク印字などが可能かどうか確認必須。ポイントを貯めて応募するマイレージキャンペーンや、その場で当たるインスタントウィンキャンペーンと相性が良い。

 

〇 購入商品返送(全額返金など):ハガキ・WEB
購入商品に満足できなかった場合に、購入商品と申し込み必須事項の申請で購入代金を全額返金するタイプの応募方法。失敗してもお金が返ってくるという安心感で新規トライアル促進やブランドスイッチを目的にする場合効果的。半面、お金が絡むことでトラブルが起きやすいため事務局運営は慎重に行うことが重要。ブランドスイッチさせたい商材や購入に躊躇する家電などの耐久財での実施が多い。           

 

上記は一例で、同じツールでも応募方法の組み合わせや抽選方法によって解決できる課題が変わってくる場合もあります。迷ったときには他のキャンペーン事例を参照したり、キャンペーンに詳しいプロへ相談したりすることも検討しましょう。

 

 

POINT

・設定した目的に応じてツールと応募方法を選択
・ツールや応募方法毎の特徴を理解した上で検討

 

事例① LINEでカンタン応募 ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミンプレゼントキャンペーン
 
 

応募経路はLINEのみ。ターゲット年代層が広くても対応できる&アンケート取得情報を基にした配信などもできるLINEを利用しています。キャンペーンをきっかけにLINEで繋がることができ、その後も情報提供を定期的に行っていくことで商品購買に繋げる企画です。

 
事例② おかめ納豆 九州限定キャンペーン
 
 

メイン購買層が高い商品のためハガキを選択しているキャンペーン。また、日々消費してほしい商品であるため4枚・7枚コースのバーコード応募形式で実施。応募ハードルが高い分、現金などの応募を集めやすい景品を採用してバランスを取っています。

 
事例③ ファミリーマート チーズチキンTwitterキャンペーン
 
 

新商品の告知のため、情報拡散力の高いTwitterの中でも更に情報拡散しやすいリツイートキャンペーンを実施。毎日当たるインスタントウィン方式のキャンペーンで爆発的な情報拡散を狙っています。大量当選で応募を集めることでTwitterのトレンドワード入りによる話題化も狙っている企画です。

 

3. キャンペーン期間・応募条件の決定

 

ツールと応募方法を検討したら、キャンペーン期間の設定を行います。
キャンペーン期間についてはツールの特性にもよります。店頭でのクローズドキャンペーンであれば、キャンペーンの告知が店頭につき、それを見たお客様が商品を購入して、応募して…と考えると最低でも1か月間、できれば2か月間は実施したいところです。一方でTwitterのキャンペーンであれば途中でだれてしまうことのないように2週間から1か月間になります。一般的に、オープンキャンペーンと比較してクローズドキャンペーンのほうがキャンペーン期間は伸びる傾向があります。クローズドキャンペーンは店頭展開のスピードや商品展開流通の事情なども考えながら設定しましょう。
 
応募条件で意識すべきところは最初に設定したキャンペーンの目的です。購買を伴うクローズドキャンペーンの場合、新規顧客獲得をメインに考えるのであれば対象商品1品購入で応募とするべきですが、既存顧客の売り上げ伸長を目指しているのであれば複数個買いで応募できるコースの設定、ブランドスイッチ防止を目的にしているのであればマイレージキャンペーンという形で30個購入などの応募条件も考えられます。対象商品についても、新商品の売り上げを伸ばすことで棚落ち防止や登場感を出するのか、商品全般の売り上げを伸ばすのか、で設計が変わってきます。

 

POINT

・キャンペーン期間はキャンペーン手法やツールによって異なる
・クローズドキャンペーンは店頭展開も考慮しながら期間設定
・応募条件の設定では、またキャンペーンの目的に立ち返って検討           
 

4. キャンペーン目標の設定

 

ツールと応募方法の検討、期間と応募条件まで決めることができたら、続いてキャンペーン目標を設定します。
ここで具体的な数値を設定しておくことでキャンペーン終了後の振り返りで企画の成否が判断できます。同時に、数値が測定できるようにキャンペーン企画の中で設計していくことも重要です。基本的には目標数値はキャンペーン目的として設定したことが達成できているか効果検証の材料になりますが、他にも効果検証したいことがあるのであればこの段階で整理しておきます。
 
例えば、Twitterキャンペーンでフォロワー数アップを目的にしたリツイートキャンペーンを実施した場合にはキャンペーン目標は「フォロワー〇名アップ」となります。同時に二次拡散でどのくらいのユーザーに見てもらえたかということが知りたければ、キャンペーンに参加した人の合計フォロワー数も確認できたほうが良いかもしれません。また、純粋にツイートが何回人の目に触れたのか知りたければインプレッションも押さえていたほうが良いかもしれません。キャンペーンツイートに新商品の告知URLが貼ってあるならば、クリック数も確認したほうが良いかもしれません。
取りたい数値によって設計を変えなくてはならない部分もあるので、キャンペーンが始まってしまってから「これの数値も知りたかったのに、抜けていた!」ということにならないためにも必要です。
 
また、具体的な数字に落とし込む段階で迷ってしまうこともあるかと思います。キャンペーンの目標の数値設定は非常に難しく、広告や店頭展開状況・商材などによって大きく変わってくる部分です。自社で過去の類似事例がある場合はそれを基準値として数値設定を行いましょう。自社で事例が無く比較対象がない場合は他社のキャンペーン事例を参考にする形になります。TwitterやInstagram、LINEであれば調べることで応募数の想定ができるかもしれません。それでは心もとないという場合は、キャンペーンの企画や運営を行っている代理店に確認をしてみる方法もあります。具体的な数値は出せない可能性もありますが、類似キャンペーンでの応募目安が分かるだけでぐっと目標設定がしやすくなります。
 

POINT

・効果検証方法もキャンペーン実施前に検討
・過去事例などを参考にしながら数値設定を行う          
 

5. キャンペーン景品選定・タイトル決定

 

ここまでの段階で企画の大枠が確定しました。この段階になって行うのが景品の選定とタイトルの決定です。タイトルはキャンペーンのテーマといってもよい部分になります。
キャンペーン企画で失敗しがちなこととして、大枠がきまらないまま景品やタイトルを決めてしまうということがあります。「このキャンペーンで何を達成したかったのか分からないまま実施してしまった」となるとキャンペーンのために投資した準備時間やコストなどが無駄になってしまいます。きちんと段階を踏んで大詰めの段階になってから景品やタイトルを決めるようにしましょう。
 
景品の選定については2つの方向性で考えることができます。まず一つ目は、「訴求したい内容を押さえた景品」。訴求したい商品・サービスの特徴を全面に押し出したキャンペーンにしたいのであれば景品もその特性に合ったものを用意するべきです。新米のキャンペーンであれば、よりおいしくお米を楽しむことができるグッズとしての高級炊飯器や、ご飯のお供になる明太子や梅干しなどのセットも面白いかもしれません。
この場合の考え方のパターンとしては下記のようなものが考えられます。
 
【景品選定切り口①】
〇商品やサービスの特徴(ベネフィット)と似た特徴をもった景品
〇商品やサービスと一緒に使うことができる景品
〇周年記念など、伝えたい数字と関連性を持たせることができる景品
〇商品パッケージ・ロゴ・キャラクターを訴求できるオリジナル景品 …など                        

 
最近では、SDGs訴求などのキャンペーンも増えており、エコバッグやオーガニック・リサイクル素材を利用したものなどを採用することもあります。この方向性で景品を考える場合には、最初に整理したキャンペーンの目的を念頭に置きながら検討を行いましょう。
 
もう一つの方向性は「応募が伸びやすい景品」です。訴求内容を全面に押し出す場合はテーマ性が重視されますが、こちらの考え方の場合は人気の景品を押さえることをメインに考えます。この場合はターゲットとなる層が欲しがるであろう物を考えながら選定します。ターゲットなどにより異なる場合もありますが、どのパターンでも喜ばれる可能性の高いものは下記になります。
 
【景品選定切り口②】
〇現金・金券類など誰でも使える使い道の広いもの
〇自社商品の詰め合わせ
〇食品系カタログギフトなどの消え物かつ選べる幅のあるもの
〇人気があるが少し高価で手の出しにくい家電
〇見た目が華やかで何であるかわかりやすい景品 …など
   

 
金券類はデジタル化が進んでいるため、送料分のコストを抑える意味合いでも採用されることが増えています。ただし、キャンペーン応募方法によってはデジタルギフトや現金プレゼントが難しい場合もあるので注意しましょう。家電なども「鉄板」と言える人気景品があります。この流行もよく変わるので、実施されているキャンペーンを調べてみたり、データベースをチェックしたりして傾向をつかみましょう。
 
景品選定の切り口を2つご紹介しましたが、どちらか一方のみでキャンペーンを実施することは少ないです。実際の企画では、1コースは訴求を意識した景品選びをして、もう1コースは応募数確保で金券、Wチャンスで商品詰め合わせなど、様々に組み合わせて企画します。
 
また、注意すべき点としては景品表示法による景品上限額です。購買や来店を伴わない抽選オープンキャンペーンの場合は上限金額が決まっていませんが、購買や来店を伴うクローズドキャンペーンの場合は抽選であれば購買金額の20倍・最高10万円までの縛りがあります。その他、景品総額の上限や、総付景品(もれなくプレゼント)や共同懸賞かどうかによっても景品額に決まりがあります。
最低限押さえておきたい景品限度額に関する基本的な決まりは下記の通りです。
 
 
【景品規制について】
〇一般懸賞
商品・サービスの利用者に対し、くじ等の偶然性、特定行為の優劣等によって景品類を提供することを「懸賞」といい、共同懸賞以外のものを「一般懸賞」と呼びます。キャンペーンにおいて分かりやすく説明するなら、購買を伴う抽選のクローズドキャンペーンのことを指します。
・景品総額:懸賞に係る売上予定総額の2%
・景品最高額:懸賞による取引価額×20倍 ※上限10万円

 

〇共同懸賞
商店街やショッピングモールなどで実施するような複数の事業者が参加して行う懸賞は、「共同懸賞」の分類になります。
・景品総額:懸賞に係る売上予定総額の3%
・景品最高額:取引価格にかかわらず30万円

 

〇総付景品
商品・サービスの利用者や来店者に対してもれなく提供する景品のことです。商品・サービスの購入の申し込み順又は来店の先着順で何かをプレゼントする場合も「総付景品」になります。
・景品総額:規定なし
・景品最高額:取引価額の10分の2 ※取引価額が1,000円未満の場合は200円

 

〇オープン懸賞
新聞、テレビ、雑誌、WEB等で企画内容を広く告知し、商品・サービスの購入や来店を条件とせず、ハガキやWEBフォーム・SNS等で申し込むことができ、抽選で金品等が提供される企画はオープン懸賞(オープンキャンペーン)と呼びます。これは景品規制の適用対象外となるので上限などが決まっていません。
・景品総額:上限なし
・景品最高額:上限なし
 
勘違いしやすいポイントは、「購買に関わらず、来店した方に抽選/先着で〇〇プレゼント」のような企画も一般懸賞または総付景品の扱いになる点です。その他、業界などによって一部規制が異なる場合などもありますので、心配な場合は消費者庁に直接問い合わせるか、プロに相談するのがお勧めです。
オープン懸賞では景品上限額が決まっていませんが、逆に言えば数あるオープンキャンペーンの中で話題性がある企画にするにはインパクトが重要になってきます。                        

 

よく質問される部分では当選人数がありますが、予算と景表法の上限が許すのであればできるだけ当選人数は多くしましょう。当選人数が多ければ消費者の「当たるかもしれない」という心理をくすぐることができます。例えば10万円の商品券1名に当たる企画よりも、1,000円の商品券が100名に当たる企画のほうが当たりやすそうに感じられます。あまりに景品額を落として魅力が失われてしまうのは良くありませんが、当選人数を多く出せるかどうかはキャンペーンの応募にも関わります。

 

もちろん、オープンキャンペーンで宇宙旅行のような夢のある景品を用意できるという場合は別ですが、基本的には当選人数は3桁以上出せるように調整しましょう。どうしても高額景品を採用したいが予算が限られる場合、少額の景品コースも用意し当選人数を確保することをお勧めします。また、景品の候補を選定したら現在企画しているキャンペーンでその景品が使用可能かの許諾確認も忘れず行いましょう。

 
最後に景品なども決まってからタイトルを設定します。タイトルを考えるときには、一目見た時にその企画が魅力的に伝わるかが重要です。「最初に設定した目的に沿ったものは何か」「このキャンペーンの消費者にとってのベネフィットは何か」を意識して検討します。例えば、商品特徴について知ってもらいたい企画であれば、タイトルにもその特徴を組み込み、購買のきっかけとしてキャンペーンの魅力を伝えるのであれば、合計〇〇名様に当たる・総額〇円分当たる、のような応募したくなる言葉をつけます。凝ったタイトルにするのももちろん良いのですが、注意したい点は本当にそれが消費者にとって伝わりやすいか?です。景品ビジュアルと共にキャンペーンについて一番目につくところだからこそ、詳細まで興味を持ってもらえるようにわかりやすく魅力的なタイトルをつけましょう。
 
 

POINT

・訴求ポイントに合わせた景品、または応募が集まりやすい人気どころの景品を選択
・景表法の景品規制を理解した上で選定
・タイトルは一目でキャンペーンの魅力や訴求ポイントが伝わるシンプルなものを           
 
事例① お~いお茶 茶畑から本物のおいしさ大冒険 ご招待キャンペーン
 

 
 

 

茶畑から商品にこだわりをもって製造していることを伝えるためのキャンペーン。メッセージ性を重視して茶畑やお茶にまつわる体験に景品を絞って実施しています。当選人数を増やす目的でQUOカード5,720名のプレゼントもあるものの、サイト上では大きく訴求は行っていません。

 
事例② プッチンプリン国民投票キャンペーン
 

 

定番商品の話題化のために実施。Twitterで盛り上がりやすい投票形式のリツイートキャンペーンの建付けにした上で、抽選でもらえるプレゼントも企画に合わせた純金製のツマミとツッコミどころのあるものにしています。Twitterのオープンキャンペーンでの受けやすさを念頭に置いた企画だと言えます。

 

6. キャンペーン告知方法の決定

 

ここまででキャンペーンの大枠が完成しました。最後に検討すべき部分が告知になります。どんなに良いキャンペーン企画でも告知が行われていなければ応募は来ません。告知の手法は様々ありますので、ターゲットや企画内容に合わせて選択しましょう。
 
SNSで実施するオープンキャンペーンでいえば、最も効果的なのはキャンペーンを実施するSNS上での広告を打つことです。TwitterキャンペーンであればTwitter広告、InstagramキャンペーンであればInstagram広告を行います。一部例外はありますが、「TwitterキャンペーンなのにLINEで告知を行う」などは効果が出にくいので、実施するにしても効果検証のために小額から様子をみて実施するのがお勧めです。
 

店頭キャンペーンでいえば最も効果が高いと言われているのが商品パッケージで告知をするパターンで、パッケージ自体に直接告知を入れることも、告知シール・ネックリンガーなどを使うこともあります。それが難しい場合は応募ハガキ・応募リーフレット・告知popなどの店頭販促物を利用します。パッケージ告知ができない場合、ハガキ応募のないキャンペーンであっても必ずキャンペーンについて記載されたリーフレットなどを準備しましょう。店頭キャンペーンでいえば最も効果が高いと言われているのが商品パッケージで告知をするパターンで、パッケージ自体に直接告知を入れることも、告知シール・ネックリンガーなどを使うこともあります。それが難しい場合は応募ハガキ・応募リーフレット・告知popなどの店頭販促物を利用します。パッケージ告知ができない場合、ハガキ応募のないキャンペーンであっても必ずキャンペーンについて記載されたリーフレットなどを準備しましょう。

 
ただし、店舗の人手不足が深刻化している現状、店頭販促物が設置されにくくなっています。販促物設置のための人員を用意できない場合、設置が複雑な販促物は避け、できるだけPOPなどの種類も絞ります。店頭設置率を上げるためにディスプレイコンテストなどのインナーキャンペーンを実施する方法もありますので併せて検討を行いましょう。
 

POINT

・SNSキャンペーンの告知はキャンペーン実施SNS上で広告投下がお勧め
・店頭キャンペーンの場合は店頭販促物の設置しやすさも意識しながら設計      
 

7. 企画全体の整理と見直し

 

ここまででキャンペーン企画が完成しました。最後に、企画した内容をまとめて見直します。決定した内容を資料にまとめながら、下記のチェック項目がきちんと押さえられているかどうか確認してみましょう。
 
【チェック項目】
・最初に決定したキャンペーンの実施目的と企画にずれはないか
・具体的なキャンペーン目標が設定され、その効果測定まで検討されているか
・決定した景品は景表法上問題のない金額になっているか
・具体的な告知方法まで検討できているか
 
もしこの時点でまだ曖昧な部分や、ずれてしまっているところがあればこの時点で修正を行います。
よくある失敗が、企画を詰めていく中で段々と当初の目的と企画内容がずれていることです。トライアル購入促進を目的とした企画のはずなのに景品額のことを考えているうちにいつの間にか複数個購入の応募条件になっていた、高齢者層をターゲットにした商品なのにTwitterで若者向け商品をプレゼントする企画になっていた…など、おかしな点がないかしっかりと確認を行いましょう。                        

 
この記事では、キャンペーンの具体的な企画方法についてご紹介いたしました。
要点に絞ってまとめると、キャンペーン企画を進める順番は以下の通りです。                        

 
 

今回ご紹介した手法以外にも日々新しいキャンペーン手法が生まれていますので、実際に企画を行う際にはキャンペーン過去事例もきちんと調べながら進めていきましょう。

 

また、今回の記事では詳細に触れていませんが、キャンペーンを実際実行する段になると進行スケジュールの設計・デザイン制作や応募規約、お客様からのお問い合わせ対応に対する準備などが必要になります。企画したキャンペーンがスムーズに実行できるように計画を立てて準備を行いましょう。

 

最後にキャンペーン終了後には、企画したキャンペーンのPDCAが重要です。キャンペーン毎にきちんと振り返りを行うことで、次回のキャンペーンでの改善ポイントが明確化し、より効果的な企画のためのヒントとなります。

 

まずは今回ご紹介したポイントを参考に、キャンペーン企画にチャレンジしてみてください。

 

その他のブログ
Others
TOP > Blog > プレゼントキャンペーン企画はどう組み立てる?企画立案の手順とポイント解説