日用品メーカー
2017.12.1
CP企画・CP事務局運営

株式会社パルディア 企画営業1部

二宮 海周

コメント

株式会社パルディアの企画営業1部の二宮と申します。幼いころより剣道をしており、現在も休日には剣道やその他のスポーツを楽しんだりとアクティブに過ごすことがほとんどです。お仕事でもスピード対応を心がけておりますので、キャンペーンやツール作成などなんでもご相談ください。

 

サポート内容

Support Contents

  • ・キャンペーンの企画提案
    ・キャンペーン事務局運営(キャンペーン実施運用に関わる全ての業務)
    ・ツールデザイン(応募ハガキ / ポスター / カゴPOP / プライスPOP)
    ・景品選定&手配・WEB応募フォーム製作

 
 

クライアント様のご要望

Demand

本キャンペーン実施におけるクライアント様最大のご要望は、クライアント様が特に販路として力を入れている某ドラッグストア様での売上拡大となります。加えて本キャンペーンは同内容ですでに過去2回複数回開催したキャンペーンでもあり、今回(2016年)の実施に則しては過去実施したキャンペーンと比較した際により生活者にとって満足度の高いキャンペーンであることも大きなご要望となっておりました。

 
 

ご提案の内容

Proposal

基本的なご提案内容は例年通りとなっており、某ドラッグストアと協力して行う『流通タイアップキャンペーン』となります。その上で特に力を入れた部分が、”過去のキャンペーン実施データに基づくより効果的な各種施策のご提案”です。例えば過去2回本キャンペーンを実施した際の各種データを改めて分析することで、特に各種店頭ツールの見直しが重要な課題のひとつであることが分かりました。具体的な提案内容としては、プライスPOPの強化(=キャンペーン対象商品の明確化として特に一押しの対象商品の前に差し込む)やカゴPOPの強化(=購買のきっかけとなる買物カゴで告知を行うことでダイレクトに生活者へアプローチ)を行っております。
 
 

事務局運営のポイント

Campaign Office

本キャンペーンでは、もちろん”キャンペーンを通した売上の拡大”が最重要課題でしたが、クライアント様の強い意向もございましてキャンペーン応募者の詳細な応募状況を集計・報告することが必須となっておりました。例えば月に2回、およそ1,500店舗ございます対象ドラッグストア様の、店舗別×応募コース別×応募手法別(ハガキorウェブ)の通数報告を行う必要がございました。また、通数報告にあわせて全応募のレシート情報をデータ化する作業を行わなければならず、通常のキャンペーン事務局運営と比較してかなりスピード感のある対応を求められました。タイトなスケジュールではございましたが全応募情報をスムーズに入力・集計・報告することができ、クライアント様にもお褒めの言葉をいただけた記憶がございます。

 
 

統括

Comment

対象となるドラッグストア様の多大なるお力添えにより、お客様にとって魅力的な売場の実現、および対前年比144%のキャンペーン応募数を達成することができました。また、付随してキャンペーン期間中の売上も対前年比を大きく上回ったとクライアント様より伺っております。

 

少し話は変わりますが、単純なキャンペーンに+αの要素を加えることで売上増加以外にも大きな効果を発揮するキャンペーンがございます。例えば近年、某メーカー様が『スマイルリレープロジェクト』なるキャンペーンを行っておりますが、こちらは2020年のオリンピックに向けて子供たちの笑顔をスポーツで作りたいというコンセプトの下、対象商品の売上げの一部で体育用品を購入し応募者が指定した小学校へ寄贈するといった内容です。本キャンペーンでも売上の一部で車椅子を購入し全国の社会福祉施設に寄贈しており、キャンペーン参加者にとって、”当選”以外にも参加のメリットを見出すことができるような内容です。

 

また、本キャンペーンでは特にWEBからの応募数が伸びており、対前年比でおよお500%を記録しております。オールドスタイルのハガキを活用したキャンペーンもまだまだ健在ですが、ICTが大きく発展した現代においてWEB応募に対する生活者の敷居も年々低くなってきているのではないでしょうか。

その他の過去実績
Others
TOP > Our Works > CP企画・CP事務局運営